新事業紹介


 日本企業は、ベトナム進出に際して、合弁会社を作るか工業団地に50年分の土地代金を前払いをして、土地使用権を確保して進出するのが一般的でしたが、中小企業の方がベトナムに進出する時には負担が大きいため、2つの提案があります。

(1)リース工場への進出
 リース料は、3〜5ドル/m2/月なので、500m2の工場を使用しても 20万円程で済み、
低価格で進出できます。持っていく機械も資本財のため税金もかかりません。
*北部・中部・南部に数か所ありますので、詳しくはお問い合わせください。
(2)工業団地の利用
 リース工場は前述の通り、原則50年の土地使用権の前払いが必要ですが、限られた工業団地では、1年ずつの土地代の支払いが可能で、中小企業の方が進出しやすいところがあります。
分割で1.8ドル/m2/年か2ドル/m2/年を支払えば工場の使用権が確保できる新しい方法で、中小企業の方が進出可能です。
 例えばホアンマイ工業団地が良い例です。ベトナム北部のヴィンの近くにあります。大手セメント会社のギソンも近くにあり、ギソン港も近くにあります。
*ご必要な方は資料をお送りしますので、お問い合わせください。
 また、ホーチミン周辺の工場では、労働力が確保できないこともあります。
そのため、工業団地の土地使用権・価格、インセンティブについて検討することも必要ですが、労働力確保についての検討が必要です。
*詳細についてはお問い合わせください。

factory