設立経緯

設立経緯

 ベトナム経済研究所は、1991年にアジア問題に関心を持つ有志(慶応義塾大学の鳥居泰彦塾長(当時)、エコノミストの稲葉秀三氏、大来佐武郎氏(元外務大臣)などの発起により、当時の通産省(日本側)、外務省(日本側)、商業省(ベトナム側)、そしてベトナム共産党政治局が協力して設立されました。設立後は相互の提携を密にし、日本からの投資や貿易促進を推進しています。  
 2004年11月には当研究所内にダナン駐日代表部を開設し、2014年12月からはホアビン省東京事務所を開設予定です。